<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最終電車
どうも。



贅沢チョコという題目をつけられると必ず一度は手を出したくなるアルフォートタイツ先生です。



暖かくなってまいりました。



もうそろそろ暑い夏が来るぞと予告されているような毎日です。


それにしても毎日目まぐるしいですね。


色々なニュースがテレビから流れてき、私の周りでも様々な情報が流れてきます。


携帯を一度みれば、もう世の中の情報が一瞬で手に入ります。


それぞれの環境。



それぞれの境遇で人は何かを感じ、おもい、生きていきます。



そこに行かなければわからない何かが必ずあります。



なので直接現場に行き、目で見て、伝えてる人を尊敬します。



毎日ですが、少しずつ毎日が変化していってます。


そしてある時、時代が動きます。



時代が動いた時に、適応できるものを用意しておきたい。


準備が大切。


本当に準備は大事です。



もうすぐ5月です。


また何が起こるのでしょうか?



未来の私は何をしているのでしょうか?


それではお時間となりました。


さよなら。


さよなら。


さよなら!



以上、タイツ先生の報告でした。



ゲッツ!
| - | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
谷町9丁目
どうも。


そうめんを食べると必ずそうめん流しをしている側の流れる美しい水流を思い出してしまうツルツルタイツ先生です。



少し肌寒いです。


そして雨も降っています。



雨の音は癒されますね。



あの地面にあたる水滴の音。



無数の水滴が地球にしみこもうとしている自然にはいつも感動を覚えます。



雨が降るといつも昔を思い出します。


まるで過去にでも戻ったかのようなあのけぶった雰囲気。



雨の日には荷物が多くなりますが、恵の雨。



水を扱った何かが無くなるとかなり不便ですね。


雨を描く画家は天才だと思います。


雨をテーマに踊ってみるのもいいかもですね。


色々なドラマが起こりそうです。



それにしても食の番組が多いですね。



最近では観ているだけでお腹いっぱいになりそうです。



やはり日本料理いいですね。



私も出汁を一からとっておもてなしをしてみたいものです。
以上、タイツ先生の報告でした。



まいど!
| - | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
充電
どうも。


物書きをしている人を見ると、どこからその発想がでてくるのかと溜息をこぼしてしまう赤川タイツ先生です。



フロアーを見る眼差し。



集中力。


パートナーへのフィーリング。



バランス、、、、。


多大なる準備をし、時間をかけ、ほんの数分に全力をかける。



豪快なスウィングに汗がしたたり落ちる。



一歩踏み入ればそこはもう戦場。



決してごまかしはきかない。



多大なるエネルギーをパフォーマンスに注ぎ、オーディエンスの眼差しを感じる。



感じとる。




あの瞬間はシビれますね。


以上、タイツ先生の報告でした。



サンキュー!
| - | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
次世代ロックバンド
どうも。


BBQという文字を見ると、なぜか嬉しい気持ちになるカルビタイツ先生です。


4月になりました。


もうすぐ5月ですね。


そして6月です。


そして半年経つと2019年に突入です。



今年は無意識に色々な挑戦をする予感がします。


まだ内緒にしておきます。



それにしてもアイスクリームは美味しいですね。



毎年美味しくなってる気がします。



昔は40円とかで買えましたが、今パッと買ったら170円くらいします。



ハーゲンダッツに至っては400円くらいします。



最近見ないですがモナ王最高です。


高校の食べ盛りの時にモナ王10個食べて、さすがに夢でモナ王に追いかけられました。


モナカの王様に追いかけられたのでたまったもんではなかったです。



これからの夏はアイスボックスが欲しいですね。


部活の帰りにはアイスボックスの中にジュースを入れて飲むのが最高でした。



あの頃のみんなは元気なんでしょうか?


今やFacebookたるものがあるので、変わらないみんなを確認できます。



やはり思うのは、あの頃何気なく語っていたものにみんななっているということです。



私はダンスなので規格外です。



例えば音楽をしていた人は音楽関係に、行ったとか、ラーメン好きはラーメン屋をしているとか、目立ってた人は、みんなに夢を与えている仕事をしています。



またみんなに会いたいですね。



それにしても、音楽に合わせて踊るのは楽しいし、人にお見せする時の緊張感は半端ないですね。



個人的に人間観察をかなり深くしてしまうので、かなりマニアックな部分をみてしまいます。


私、個人的にはデモを踊られる前の入場する時のあの雰囲気が好きです。



またお伝えします。



以上、タイツ先生の報告でした。



ハマー!
| - | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
元気。
どうも。



東梅田に出るとなぜか人の旅路の目的が気になる乗り換えタイツ先生です。



36.8度のお湯に入ると長々と夢を語れます。


37.4度のお湯に浸かると、身体の芯にぬくもりを呼びかけます。


炭酸泉に入ると、やはり筋肉が緩み、身体が軽くなります。



44度のお風呂に入ると、最初はギクりとはしますが、慣れていくと普段冷えていた自分に気づされます。


そして水風呂です。



19度から16度と、一度でも違えば全く別物です。



またそこにブクブクが出ていればなおさらです。



高温の48度に入ります。



そして水風呂。



これを繰り返していくうちに脳が夢見心地になります。



いつも煮詰まれば、それを浄化させるために、サーキットをします。



高温風呂、水風呂を繰り返します。



何回かしたらもう脳はひらめきます。



個人的には38.4度のお風呂がベストかもです。



39.1度もいいですね。



とにかく、ふくらはぎは必ず温めて、そして水を大量に飲みます。




それにしても5月の日本の動きは大変興味深いですね。



どうなるのでしょうか?




以上、タイツ先生の報告でした!


ソムリエー!
| - | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
バス移動
どうも。


霧が出てボヤけているのをみると、夢の中に入ってるような錯覚におちいるフォグランプタイツ先生です。



朝早くはいいですね。


できればまだ暗い朝がいいですね。



同じ暗さでもどこか違うあの暗さがたまらないですね。


しかしながらすぐに明るくなってきます。


朝の雨も中々好きです。


傘をさしながらそれぞれの目的地に向かって歩いているのを見ると、一日が始まったんだなと。


これから起こる何かは何だろうかと。


今日に期待を膨らませて朝から昼へと時間は流れていきます。


いつもと変わらない朝。



例え太陽がまだ雲に隠れて見えてなくても、なんとも言えない朝の感覚。



お昼の二度寝の気持ち良さも、もちろん朝のおかげ。



朝に感謝。


それにしても、立ち方は面白いですね。



地球の重力、体重、バランス。



地球の中心と宇宙の間。



自分の身体にブレない何か芯のようなものを感じられた時。



最高でしょうね。



まだまだ研究し鍛錬が必要です。



以上、タイツ先生の報告でした。



サイなら!
| - | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
座禅
どうも。


朝早く起きたらまるで地球の地軸を自分が回しているかのように感じられるニュートンタイツ先生です。



モヤモヤが溜まる場所は人それぞれ全く異なります。


私は口と喉の延長戦にたまり、右脳ビームでいかに撃退するかを無意識に操作しています。



皆さまいつも良い方向に向けていければと願っております。



それにしてもGLAYはやっぱいいですね。



声を出さずに熱唱しました。




まさに青春。



各曲を聴くと、あの頃のあの場面が蘇ります。


続く。



以上、タイツ先生の報告でした。



応援ありがとう!
| - | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
高槻
どうも。



般若のお面を見ると、子供は必ずトラウマになるのだろうとふと思う大江戸侍タイツ先生です。



暖かくなってまいりました。



もう大阪城では桜が咲いています。


何年か前まで大阪城公園駅付近に住んでいましたので、毎日のようにお城を拝見していました。



もちろん春になれば、桜や梅など、自転車で爆走しながら堪能していました。


やはり綺麗ですね。



桜を見ながらお花見をしたり、桜を見ながら絵を描いたり、桜を見ながら太極拳をしていたり、様々な方々がいらっしゃいます。



桜を見ながら何を思ふのか?



一句心の中で詠んでいる方もいらっしゃるかもしれません。



私も桜を見ながら一句よんでいました。


桜色

私のチャリも

桜色

、、、、


、、、、、



いいですね。


季語も入っていて、しかも春の風に乗りながら自転車に乗っている風景も一緒に連想されますね。


非常にレベルの高い一句ですね。



君想う


桜散る度


酒すすむ



いいですね。



これもしっかり季語が入っていますね。


酔って昔を思い出しているピンク顔の作者と、悲しみを表現している桜の散り様が見事に表現されていますね。




これもまたハイレベルな一句となっております。



右肩に


寄り添いむつぐ

花びらが



いいですね。


今でも忘れられないあの人が、いつまでも隣にいて迎えてくれる、、、、



この季節になるとまた思い出すのでしょう。



合格です。



俳句の旅に出かける方の気持ちがわかります。


その場所で一句をよむ、、、、。



心暖まりますね。



もう無いよ


そろそろ終わろ


皆バイバイ


、、、、、



、、、、、




以上、タイツ先生の報告でした。



次は、京都〜!
| - | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
どうも。



地下鉄のホームに立って電車を待っている時、たまに瞑想状態になる四ツ橋線タイツ先生です。



誰でも自分の中にヒーローがいます。


そのヒーローになったり、そのヒーローをイメージで動かしたりして遊んでいました。


自分の無いものになる。


もしくはイメージの場所を作り出し、そこを歩いてみる。



一番近いのが映画を観る事でしょうか?

自分と全く違う世界の描写を観る事で右脳が活性しまた新たな世界観が生まれます。


なのでファンタジーみたいなものを見ると、創作者をとても尊敬します。



ダンスの留学でイギリスに行くと、なぜか無性にハリーポッターを見たくなります。



もろにイギリスなのですが、あの色味や雰囲気を見ていると、やはりハリーポッターの世界観がリアルに感じられます。



なのでスパイダーマンを見るとやはりアメリカに行きたくなります。


私が大学生の時、ニューヨークに一週間留学しました。



ニューヨークを散策しました。



そこで受けた影響はとてつもないものでした。


ニューヨークを目指して頑張っているアーティストの夢はとてつもなく大きいです。


大き過ぎてさまようかもしれません。


さまよいきったら何かアクションが生まれるのでしょうか?



道は円から線になり、そして点になり、また円へと広がっていき、円から縁に変わります。



久しぶりに上手いこと言いました。



以上、タイツ先生の報告でした。



イエス!
| - | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
コブクロ
どうも。



YouTubeをひとたび観ると直ぐに1時間経ってしまう逆ユーチューバータイツ先生です。



歌いいですね。




歌は人を繋げます。



食も人を繋げます。



もちろんダンスも人と人を繋げます。



小学生の時に近所にカラオケボックスができました。



当然、親はそんな所は危ないと止められ、しかし、中学には行ってました。


しかしながら親の助言はあたっていました。



危ないのは危なかったです。


何が危なかったといいますと、飲み物です。



当時はドリンクバーみたいなそんなシャレタものは無かったです。


ましてや奈良なんでなおさらです。



ワンドリンクで確か1時間280円だったので怪しさ全開です。



もちろん未成年なんで安定のメロンソーダを注文です。



今でも忘れません。



完全にカキ氷のシロップを炭酸に入れてるだけでした。



めちゃくちゃ不味かったです。



しかしながら親には出されたものは絶対に残してはいけないと教わっていましたので、全部飲み干して歌っていました。


今から思えば合宿みたいなカラオケでした。




時は経ち、5年もすればかなり充実してきました。



久しぶりに歌えば本当に気持ちが晴れます。



高校の時は、ほぼ毎日行ってました。


周りの友達もかなりうまかったのでつられて練習していました。




なので少しすると、歌詞に興味持ち出しました。



メロディーラインも鼻歌で作りだしました。



フィーリングです。


バンドもしました。



しかし今から思えば、自分のしたい事がもう形成されていたかのように思います。


それにしても昔の曲はいいですね。



ダンス音楽もそうでしょうか?




歌詞がメロディーに乗せて伝わってきます。


メロディーの前に歌詞が入る感じです。



メロディーで入る時もあります。



歌詞やメロディーが良くても歌い手がそれにマッチしているかどうかです。



歌い手や歌詞が良くてもメロディーがいいかどうかです。


メロディーと歌い手がよければ、歌詞はわからなくてもいい場合があります。




シンプルで難しいですね。




しかし思い出す時は、その時の自分に何があったか?というシチュエーションの時です。




私、意外に昔を思い出すと、ラップの音楽が強いです。



その時はプロになった時と、そこから5年くらいです。



エムフロやケツメイシ、デフテックなどをきいてました。



ケツメイシを聴くと今でも毎朝窓拭きをしていた自分を思い出します。




歌いたいですね。



いつでも自分の人生に音楽を。



no music no life.


わかります。



昔、イギリスでマイケル&ビッキー バー という偉大な世界チャンピョンの先生にレッスンを受けた時に、ビッキー先生が私に当たり前ですが英語でこれをいいました。



その影響を私はもろに受けた記憶があり、涙しました。



テレビや漫画の世界と思ってた言葉が、直で私の血液に入ってきたのを今でも語れます。



以上、タイツ先生の報告でした。




蕾最高!
| - | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark