<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ちゃんぽん耕 | main | 最高です。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
ミスターマサタカ
101107_182322.jpg
どうも。


ボケるとつっこんで、つっこんだらそれにかぶせての繰り返しにアドレナリンが放出するタイツ先生です。



島田たまよはすごいです。



お昼からの公演で約3時間漫才と劇をみました。



とても勉強になりました。



また行きたい気持ちになりました。



まず不特定多数で、ほぼ初対面の人を一瞬で心をつかみ笑顔にする。



という作業を瞬時にするというキャリアでありテクニックであり、まざまざと見せられました。



感動して涙を流すより、人を笑わすのが一番難しいと思いました。



まず前説です。



これが一番難しいと考えました。




前説はTVに出てなくて新人の若手がするイメージがあります。


当然ココリコのようにベテランになってもまだ前説をしている人もいます。



これがとても大事なのが再確認しました。



当然のようにお客様の年輩の方々から罵声が少し浴びせられます。



そしてお客様はほとんど聞いてはいません。



自分達のネタを見せても、パラパラと拍手です。




この時期で決まるというのが見えます。



僕自身、吉本新喜劇は当たり前のように見ていました。



当たり前のように家族で見ていました。




それが20年たってもそのまま面白いです。




その人の個性をめいいっぱい出します。



しかし、それが笑いに変わらなかったらとても厳しいです。



新喜劇の後は漫才です。



テンダラー、サバンナ、海原やすよともこと続きました。



僕が中学生の時から見ていた人達の生です。



最高でした。



そしてそのあと、スペシャルゲストとして、ET−Kingがきました。



これもスペシャルで新曲を歌って、ショートコントで島田たまよと絡んでました。



とにかく島田たまよはすごいです。



子供だったら間違いないなく泣きます。



芸人だったら憧れます。



また行きたいです。


以上、タイツ先生の報告でした。


バイバイ!
| - | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 01:30 | - | - | pookmark









http://fujiyang.jugem.jp/trackback/255