<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 朝 | main | 座禅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
高槻
どうも。



般若のお面を見ると、子供は必ずトラウマになるのだろうとふと思う大江戸侍タイツ先生です。



暖かくなってまいりました。



もう大阪城では桜が咲いています。


何年か前まで大阪城公園駅付近に住んでいましたので、毎日のようにお城を拝見していました。



もちろん春になれば、桜や梅など、自転車で爆走しながら堪能していました。


やはり綺麗ですね。



桜を見ながらお花見をしたり、桜を見ながら絵を描いたり、桜を見ながら太極拳をしていたり、様々な方々がいらっしゃいます。



桜を見ながら何を思ふのか?



一句心の中で詠んでいる方もいらっしゃるかもしれません。



私も桜を見ながら一句よんでいました。


桜色

私のチャリも

桜色

、、、、


、、、、、



いいですね。


季語も入っていて、しかも春の風に乗りながら自転車に乗っている風景も一緒に連想されますね。


非常にレベルの高い一句ですね。



君想う


桜散る度


酒すすむ



いいですね。



これもしっかり季語が入っていますね。


酔って昔を思い出しているピンク顔の作者と、悲しみを表現している桜の散り様が見事に表現されていますね。




これもまたハイレベルな一句となっております。



右肩に


寄り添いむつぐ

花びらが



いいですね。


今でも忘れられないあの人が、いつまでも隣にいて迎えてくれる、、、、



この季節になるとまた思い出すのでしょう。



合格です。



俳句の旅に出かける方の気持ちがわかります。


その場所で一句をよむ、、、、。



心暖まりますね。



もう無いよ


そろそろ終わろ


皆バイバイ


、、、、、



、、、、、




以上、タイツ先生の報告でした。



次は、京都〜!
| - | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 07:35 | - | - | pookmark









http://fujiyang.jugem.jp/trackback/669